2024年02月29日
閲覧人数

ゲスト 38人 と メンバー0人 がオンラインです

アナウンス
ブログ
法人サポート
お問い合わせ
115224
今日今日25
昨日昨日189
今週今週635
今月今月6947
あなたのIP:44.192.20.240
ログインフォーム

 
新着情報
閲覧トップ10

2023年度親子理科実験教室(夏休み集中コース)を開催しました

8月5日(土)・6日(日)の2日間にわたって親子理科実験教室(夏休み集中コース第1弾)を開催しました。

講師は当法人の実験教室ではお馴染みの角山先生。テーマは「発光バクテリア」、発光物質を持つ不思議な生物の謎に迫ります。

1日目は、一番身近な発光生物である「ほたる」から話が始まりました。そして話は光る微生物、バクテリアへと話は進んでいきます。海にいる発光バクテリアは、イカなどの生物と共生していることを学んだあとは、ダンボールで作った暗室を使って実際にイカが発光しているところを観察しました。
実験には失敗はつきもので、今回も実際に目で見れるか心配していましたが、多くの子どもたちが発光を観察することができました。

2日目は、インキュベータを使って1日目のイカの発光生物を増やした状態で再度暗室を使って観察しました。1日目に続き、より発光状態を確認することができました。
次に、光の3原色であるRGB(赤・緑・青)の液体を作り、化学的に発光させる実験を行いました。
最後は、発光するメカニズムを学び、生物の発光は自ら発光のエネルギーを作り出しているので生きている限り発光が続くけど、化学的に発光させたものは、いずれ発光しなくなることも知りました。

午後からは、親子理科実験教室の特別イベント「なんで?そんで?大会」が開催され、合計50名ほどの参加者でにぎわいました。「なんで?そんで?大会」の模様は、理事長のブログ「子どものなんで?大人のなんで?(ブログ その185)」で紹介されていますのでご覧ください。

次の実験教室は、年末の企画を計画中です。お楽しみに!

<理事長の挨拶> <荻野浩一先生の挨拶> <中家剛先生の挨拶> <角山雄一先生>
 
<教室の様子>  
親子理科実験教室

基礎科学研究所ホームページ

イ ベ ン ト 情 報

現在掲載記事はありません

公 募 情 報

現在掲載記事はありません