2022年11月27日

2022年 親子理科実験教室(夏休み集中コース第2弾)のご案内(終了)

クリックすると拡大画像でご覧いただけます

お待たせしました!!夏休み集中コース第1弾に続き、夏休みの実験教室第2弾の受講生募集を開始します。

本教室は、京都大学とルイ・パストゥール医学研究センターを会場として実施する2日間のコースです。テーマは「身の回りの微生物」

「ルイ・パストゥール?」と思った方もおられるでしょうが、パストゥールは18世紀に活躍したフランスの細菌学者です。ワインやビールの腐敗を防ぐ低温殺菌法を開発、また白鳥の首フラスコを開発して、生物の自然発生説を否定しました。

私たちの身の回りには、バクテリア(細菌)やカビ、ウィルスなどのとても小さな生き物 "微生物" がたくさん住んでいることは、夏休み集中コース第1弾の講座案内にも書いていたことですが、この世界には本当に多種多様な微生物が存在しています。

2019年末から世界中に広がった新型コロナはウイルスですが、他にも病気の原因となる細菌やカビなど様々な微生物が私たちの周りにいるのです。
とはいっても、微生物は悪者ばかりでもありません。発酵食品に使われるなど、私たちは上手に微生物と付き合ってきました。

今回はこんな微生物に目を向け、その特性を知り、上手に付き合っていく方法を考えてみたいと思います。

1日目の教室では、パストゥールの業績を振り返りつつ、微生物と人間との関係について考えていくことにします。
パストゥールは産褥熱(さんじょくねつ)の予防に手あらいを推奨しました。また、コロナ禍においても手洗いが推奨されていますが、本当に手洗いに効果はあるのでしょうか?
これを確かめるために、私たちのそばにいる菌の培養実験を行いたいと思います。

2日目の教室は、ルイ・パストゥール医学研究センターでの結果観察です。1日目の実験結果を観察しましょう。
皆さんの実験の結果は予想していたようになったでしょうか。手洗い前後の指のあとは?消毒の効果は?身の周りの菌は?温度の違いでどのくらい増えた?等々をじっくり観察し、もし違っていたらその理由を考えてみましょう。

担当講師の宇野賀津子先生は、ルイ・パストゥール医学研究センターでIFN・生体防御研究室室長を務めておられる免疫の専門家です。疑問・質問には何でも分かりやすく答えていただけるでしょうし、パストゥールの研究についてもっと深いお話を聞けるかもしれません。

この実験教室を通じて、子どもたちが生活の中に多くの科学の課題が潜んでいることに気づき、理科好きへとなっていくことを期待したいと思います。皆様、ぜひぜひご参加ください!!


実験テーマ:身の回りの微生物を可視化しよう!

開  催  日:1日目:8月21日(日) テーマ:手洗いって本当に効果があるのか実験で確かめよう!
        2日目:8月23日(火) テーマ:実験の結果を観察して考えよう!

時  間:10時00分~12時00分

場  所:1日目:京都大学 環境安全保健機構放射線管理部門(旧・放射性同位元素総合センター)分館 2階講義室
     2日目:公益財団法人ルイ・パストゥール医学研究センター(〒606-8225 京都府京都市左京区田中門前町103-5)

印刷   印刷
地図及びアクセスはこちら 19 の建物)    

講  師:宇野賀津子先生((公財)ルイ・パストゥール医学研究センターIFN 生体防御研究室室長・NPO法人あいんしゅたいん常務理事)

 

対  象:小学1年生~小学6年生

募集人数:定員20名(定員に達し次第、締め切ります)

受  講  料:6,000円(1回3,000円×全2回)

● 材料費・教材費・保険加入費込
● 全2回分は一括払いにてお願いいたします
● 受講料の支払方法については、お申込み後、当法人より送付させていただくご案内メールにてお知らせいたします

申  込:定員に達したため、受講申込受付は終了しました

法人の会員にご入会いただくと、会員特典を受けることができます(但し、本教室では受講料割引の特典はありません)。詳しくは、会員特典案内のページをご覧ください。

注) 会員特典は、出資1口につき、お1人様が対象となります。ご兄弟等で受講申込される場合は、人数分口数(ご兄弟名義で各1口ずつ、ないしは保護者名義で人数分(お2人なら2口))での入会をお願いいたします。

ご  注  意:以下の点ご了承の上、お申し込みください

コロナウイルス感染防止対策の一環に基づく会場キャパシティの問題により、受講者が10名を超えた場合、保護者様はお子様に同伴して一緒に受講いただくことができません(受講者が10名以下の場合は、お子様1名につき保護者様1名同伴いただけます)。

実験教室の様子は撮影いたします。
撮影した映像の一部は電子教材として使用し、インターネット等の媒体を通じて公開させていただく場合があります。公開に際しては、可能な限り肖像権に配慮した編集を行いますが、実験教室という性格上、映り込みが生じる点はご了承ください。

実験教室当日、受講生のご都合より欠席された場合、後日、授業内容を撮影したDVD、当日使用したレジュメ、及び実験道具(但し、送付可能なものに限る)を送付いたしますので、払込済受講料の返還はいたしません。
なお、1日目を欠席された方に対するDVDの送付は2日目までには間に合いません。また、プロフェッショナルの科学者が使用する装置や道具類を使用しての培養実験という特殊性から、本教室に限っては実験をご自宅で再現していただくことはできません。(実験道具の送付も行えませんので、ご自宅では授業内容のDVD映像をご覧いただくだけとなります。)
受講希望の方は、この点について予めご了承いただいた上でお申込みください。

問合わせ: E-mail:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 TEL:075-762-1522(10時~16時)  ※ コロナ禍による活動縮小中のため、応対できない場合があります

共  催:NPO法人 知的人材ネットワーク・あいんしゅたいん 物理学会京都支部

支  援: 子どもゆめ基金助成活動   京都府地域交響プロジェクト
     

備  考:京都大学(全学)のホームページにも情報が掲載されておりますのでご覧ください
     北部大学構内には駐車スペースがございませんので、公共交通機関のご利用をお願いいたします

注) 受講生の皆さまへ・・・申込の前に必ずお読みください

1.中止の可能性について

新型コロナウイルス感染者数増加に伴う今後の社会情勢によっては、感染症対策のため運営サイドの判断により中止とさせていただく場合があります。予めご承知おきください。

2.保護者同伴の制限について

ご注意にも記載させていただいておりますが、受講者が10名を超えた場合、保護者様はお子様に同伴して一緒に受講いただくことができません。予めご承知おきください。

3.コロナウイルス感染防止対策について

● 運営サイドの人員は必要最小限の人数にて、事前に検温などによる健康チェック及び使用備品の消毒も行います。
● 消毒アルコールを準備し、授業中も充分な換気を行いながら実施します。
● 児童同士及び講師と児童との間隔は授業の進行を阻害しない範囲で可能な限り開けるようにします。

4.事前にご了承いただきたい事項について

  本実験教室開催にあたり、コロナウイルス感染防止のために上記の対策を講じますが、それでも感染を100%に防止できるという保証はありません。受講申込をいただいた場合、感染リスクの可能性については認容いただいたものとみなさせていただくことになります点は、予めご承知おきください。 現状、感染者リスクは低いと思いますが、感染リスク自体を完全に払拭することはできないため、万が一の事態を懸念される場合はお申込みをお控えください。
  受講されるお子様は、当日検温を行ってください。平熱でも、体調がすぐれない場合は参加を控えていただきますようお願いいたします。
  (保護者同伴による受講ができない場合)お子様を会場まで送迎される保護者様は、密集状態を可能な限り避ける必要があるため、授業終了までの間、会場にてお待ちいただくことはできません。授業終了後にお迎えに来ていただきますようお願いいたします。