2017年04月28日

TEAM ゆりかもめ

 

TEAM ゆりかもめ

 

▼ プロジェクト実施趣旨 ▲

放射線が人体に及ぼす影響を真に理解するためには、線量と影響の大きさとの関係を見ることが重要になってきます。線量として出される数値がどのようなものなのか、どれぐらい正しいのかという事を知っておく必要があるといえるでしょう。そこで、今回、中学生・高校生が自らの手で自然環境放射線の測定を行ないマッピングしていく「ゆりかもめプロジェクト」を開始します。

▼ プロジェクト概要 ▲

● 自分たちの手で 自分たちの足で 自然環境中の放射線を 測定してみよう。
● 自分たちの歩いた 旅した 軌跡を 放射線地図にしてみよう。
● 日本の 世界の 自然環境中の放射線を知ろう。
● 放射線と 人間や生物との関係について 考えてみよう。

▼ 特設サイト ▲

 

※ プロジェクトの詳細については特設サイトをご覧下さい 


TEAM ゆりかもめ結成会

日  時:2017年2月12日(日) 13時~14時

場  所:放射性同位元素総合センター分館 2階講義室

印刷

こちらにも地図及びアクセスが掲載されています( 19  の建物です)

プログラム:

13:00~13:05  初めの挨拶 坂東昌子(NPO法人あいんしゅたいん理事長)
13:05~13:15  プロジェクト概要説明 角山雄一(京都大学環境安全保健機構 放射性同位元素総合センター 助教)
13:15~13:45  ギョロガイガー配布、iPhoneへの接続テスト・測定テスト
13:45~13:55  質疑応答
13:55~14:00  コメント:和田昭允(横浜サイエンスフロンティア高等学校常任スーパーアドバイザー)
 
申  込:こちらからお申し込みください
 
備  考: ギョロガイガーの数には限りがあります。本プロジェクトの実施趣旨に基づき、中高生を優先させていただきますので、予めご了承ください