2017年09月23日

第15回:「音の教材」by 小無

波動現象で面白い教材のネタを捜しに,知人の実験室を訪ねてきました.

スピーカーの特性を測るための無反響の部屋です.この部屋全体が耐震性のゴムで周りから隔離されて浮いているような状態です.中で笛を吹いたり,クラッカーを鳴らして性能を確認してきました.

我々の耳では反響は全く聞き取れませんでした.壁に向かってサイレンを鳴らしながら救急車が近づくと,その振動数は・・・のドップラー効果が計算が合わなくなってくるなどと楽しんでいました.

何しろ音が跳ね返ってこないのです.部屋の壁の厚さを写真で見て下さい.こんなに分厚い壁です.

 このドアを閉めると耳鳴りが聞こえてきます.耳鳴りがこんなにもうるさかったなんて.

色々体験できました.小学校6年生のときに一度この部屋の前の形の部屋に遊びに行ったことがあるのですが,ここまで静かではありませんでした.それとも歳でハミング音が聞こえなくなったせいかもしれませんが.

音は音楽で聞いても楽しいですが,音がないという体験も楽しいものでした.物理屋だからでしょうか?

 

厚さです.横の女性と比べて下さい.