2017年05月26日

「物理は越境し発展する・・キャリアを広げよう」

クリスマスの直前、年末の忘年会も兼ねて、一度大いに語り合おうではありませんか!


日 時:2013年12月23日(祝日) 13;30-16:30

場 所:京都大学 基礎物理学研究所 湯川記念館 Panasonic国際交流ホール

プログラム:

13:30~13:40  田中耕一郎物理学会京都支部長(京都大学理学部物理)
13:10~13:25  はじめに「若者力を生かそう!」 坂東昌子(NPO法人あいんしゅたいん理事長
13:40~15:10  話題提供(含、質疑応答10分)
13:40~14:20  「電磁ノイズは環境を走る―長年で形成された常識との戦い」
                土岐博(大阪大学核物理研究センター名誉教授)
14:20~15:00  「疫学と物理―長統計力の再認識」(含、質疑応答10分)
           田中司朗(京都大学大学院医学研究科社会健康医学系講師)
------- 休憩 10分 ------- 
15:10~16:20  パネルディスカッション
   パネラー:上記の講師に加えて以下の諸氏(歴代支部長+センター長)
   中家剛・田中耕一郎・栗本猛(日本物理学会キャリアセンター長)
16:20~16:30  キャリア支援センターからのコメント 栗本猛センター長
 まとめ  石田憲二前支部長(京都大学理学部教授)

主 催:NPO法人 知的人材ネットワーク・あいんしゅたいん
    日本物理学会キャリア支援センター
    京都大学理学部
    日本物理学会京都支部
    科学交流セミナー(京都大学基礎物理学研究所・あいんしゅたいん連携)