2017年08月19日

国土研シンポジウム「今あらためてダムを問う」

「ダムの時代は終わった」と言われ久しくなります。人口減少… 水余り… 経済成長の終焉… 巨大な国家財政赤字… Etc. 確かに新たにダムを求める時代でないのは誰の目にも明らかなようです。
時代の変化の中で揺れ動いてきた「ダム」。今、ムダなダム事業を見直す動きが加速する一方で、依然としてダムに固執する動きは根強く、全国でつば競り合いが繰り広げられています。
このシンポジウムでは、ダム問題を抱える全国のみなさんが交流し、改めて今日のダム問題とは何かを考え、今後の治水・利水と河川環境のあり方について議論を深めたいと思います。


日 時:6月19日(土) PM1:00~5:00

場 所:京大会館(京都市左京吉田河原町 TEL:075-751-8311)

講 師:奥西一夫、宇民正

主 催:国土問題研究会TEL

参加費:資料費500円

問合せ先:国土問題研究会 TEL・FAX :075-241-1373
     e-mail :このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

詳しくは、こちらをご覧ください。