所員挨拶 - NPO法人 知的人材ネットワーク・あいんしゅたいん

研究所紹介  

   

活動  

   

情報発信  

   

あいんしゅたいんページ  

   

坂東昌子 所長

基礎科学研究所設立にあたって


個別科学が発展した20世紀を受けつぎ、21世紀は、地球環境問題・教育問題・都市問題・医療問題など、多様な課題へのアプローチがますます重要になってきています。これらの課題は、特定の分野にとどまらず、分野を横断する考察が必要になります。

こうした課題に対して、新しい知見をえるためには、大学や学会のみならず市民社会のあらゆる活動の中からさまざまな形で蓄積された経験知が、科学の体系に取り込まれなければならないと思います。
時代は、科学技術専門家からの情報発信、専門家から非専門家へという命令型から、市民が歴史を形成する主体となる方向へと確実に進んでいるのです。そして、こうしたなかで、NPOが果たすべき役割は大きくなっているのです。

今、私たちは、NPOとして、共同研究を組みながら、可視化技術を生かした教材開発に取り組んでいます。そして、大学の一角に研究室おかりしています。
この間、沢山のことを経験しました。例えば、小山田研究室との定例部門会議では、可視化の意味を深く掘り下げることもできました。そして、訪問される研究者や業界の方々との懇談などを通じてネットワークを広げています。訪問客は、教育界、出版界、研究の最前線で活躍する方々、国際会議にご出席の海外研究者、女性研究者、はては、7ヶ国以上の言葉を操るヒッポクラブの方々など、数えきれません。
そこで得た、さまざまな知的刺激を、単に趣味に終わらせず、どのように定着させ、科学活動の一環として生かしていけるのか、それが今私たちの課題です。そのためには、さらに大きな1歩を踏み出す必要があります。若い人にも、仕事をする、それを世に問うということを通じてさらに世界を広げることができる機会にしなければなりません。

学術月報2010年9月号に、金沢一郎学術会議会長のエッセイがあり、そのなかに、「65歳になると、年金生活を楽しんでいる人も少なくないが、彼らの能力が衰えているわけでもないのに、もったいないことだ」と思ったとあります。「定年退職後の老人が研究を続ける為の研究所」を提案していらっしゃる先生もいるそうです。それが、「老人研究所構想」です。老人を研究するのではなく、知的な老人を活用するという趣旨の研究所です。
これは、知的人材ネットワークを目標にしている私たちの1つの側面をとてもよくあらわしています。ただ、博士号を持つ若い人たち、といっても今では40歳を超す場合が稀ではありませんが、この若手研究者の活用も考えるべきだなと思っています。
少子高齢化といいますが、若い人も定年退職組も、もっと生き生きと活動できる社会であれば、それも十分にパワーになる筈です。そういう仕組みをどう作れるのか、自らの手で探っていきたいですね。ポスドク力発揮、老人パワー発信!です。

また、私たちは、この1年、親子理科実験教室を開催し、子供たちの素朴な質問に接する中で、私たち科学者が、気がつかなかった様々な日常生活の中にある不思議を探究する面白さを体感することができました。
日本の明治初期の突出した思想家であり科学者であった寺田寅彦の精神を思い出します。実際、私自身も、交通流や経済物理を手掛け、また、さまざまな出会いを通じて、ソフトマタ―などのより幅広い物理学の面白さが、物理として研究の対象になってきている時代だと実感しました。まさに、「天下に新しきににもののないということわざを思い出すと同時に、また、地上には古い何者もない」(寺田寅彦:「ルクレチウスと科学」より)ということを、この年になって実感している毎日です。

寺田寅彦の文章の中に、次のような1節があります。

「今かりに現代科学者が科学者として持つべき要素として三つのものを抽出する。一つはルクレチウス的直観能力の要素であってこれをLと名づける。次は数理的分析の能力でこれをSと名づける。第三は器械的実験によって現象を系統化し、帰納する能力である。これをKと名づける。今もしこの三つの能力が測定の可能な量であると仮定すれば、LSKの三つのものを座標として、三次元の八分一空間を考え、その空間の中の種々の領域に種々の科学者を配当する事ができるであろう。ヘルムホルツや、ケルヴィンやレイノルズのごときはLSKいずれも多分に併有していたものの例である。現存の学者ではジェー・ジェー・タムソンがこのタイプの人であろう。ファラデーや現代のラザフォードやウードのごときはLK軸の面に近く位している。ボルツマン、プランク、ボーア、アインシュタイン、ハイゼンベルク、ディラックらはLS面に近い各点に相当する。ただ L = 0 すなわちSKの面内に座する著名の大家を物色する事が困難である。あるいはレーリー卿のごときは少なくもこの座標軸面に近い大家であったかもしれない。
ゾンマーフェルトやその他の数理物理学者はS軸の上近くに座するものであり、純実験、純測定の大家らはK軸に羅列される。これらは科学の成果に仕上げをかける人々である。そうして科学上のピュリタニズムから見て最も尊敬すべき種類の学者である。しかるにL軸の真上に座する人はもはや科学者ではない。彼らは詩人である。最善の場合において形而上学者であるが最悪の場合には妄想者であり狂者であるかもしれない。こういう人は西洋でも日本でも時々あって科学者を困らせる。しかしたいていの場合彼らの言う事は科学者の参考になるあるものを持っている。すなわち彼らはわれわれにLの要素を供給しうるのである。もちろん座標中心の付近には科学者の多数が群集していて、中心から遠い所に僅少の星が輝いているのである。」

要するに、イメージが豊かで、可視化してものを捉えるのが得意な人、緻密な計算によって納得するタイプ、実際に確かめ実証しないと気が済まないタイプ、こうした様々なタイプの科学者が協力して作り上げたのが、現代の科学の前線です。
基礎科学研究所が、このLSKのどの軸に近い仕事ができるか、それは構成員の力量と個性にかかっています。単なるL軸上の議論に終わらせない仕組みをしっかり整えて、若い人もシニアな年齢の方も、共に協力し合える研究所として発展させていきたいものです。

所長 坂東昌子

松田卓也 副所長

基礎科学研究所設立にあたって


NPO法人知的人材ネットワーク「あいんしゅたいん」設立時以来の懸案であった、バーチャル研究所としての「基礎科学研究所」が、正式に開設されることになりました。この研究所は、私がブログの第10回目に書いた「バーチャル研究所の提案・・・定年退職研究者のために」を、ある程度、実現したものです。

そこでも書いたように、大学などを定年退職した研究者が、まだ研究を続けたいと思ったときに障害になるのが、1)所属、2)スペース、3)研究費、のなさです。この中で特に問題になるのが所属です。これがないと、論文投稿、学会発表、研究費・計算機申請などに、支障をきたします。その問題を解決するために、我々は「基礎科学研究所」を設立しました。上記の問題は定年退職研究者だけではなく、所属のないポスドクにとっても同様に大きな問題であることを認識して、構成員にはその方々も含めることにしました。

ただし、問題が完全に解決したわけではありません。「所属」ということは、単に研究所の名前を作っただけではだめで、郵便物が届く住所が必要になります。この問題はまだ完全には解決していません。というわけで、研究所の開設を発表したものの、まだ不十分な状態であることは否定できません。

「スペース」は、当面は「あいんしゅたいん」が事務所を置いている通称「ホワイトハウス」とします。恒久的な対策を施す必要があります。「研究費」ともあわせて、要するに必要なものはお金であるという、身も蓋もない結論になります。

以上のような状況で、「基礎科学研究所」の設立を宣言したものの、まだまだ走りながら考えるという状況です。皆様の温かいご支援、ご指導をいただきますように、お願い申し上げます。

副所長 松田卓也


【経歴】

1943年生まれ(大阪)
1961年: 大阪府立北野高校卒業
1970年: 京都大学大学院理学研究科博士課程物理第2専攻修了、天体核物理学 理学博士
1970年: 京都大学工学部航空工学助手
1973年: 同助教授
1992年: 神戸大学理学部地球惑星科学科教授
2006年: 同定年退職
2006~2013年: 同志社大学・甲南大学・神戸大学非常勤講師

英国ユニバーシティカレッジカーディフ応用数学天文学教室客員教授、国立天文台客員教授を歴任した。

現 在: NPO法人あいんしゅたいん副理事長、同法人付置・基礎科学研究所副所長、大阪市立科学館付置・中之島科学研究所研究員、ジャパンスケプティックス会長、ハードSF研究所客員
     元日本天文学会理事長

専 門: 宇宙物理学、相対性理論、宇宙気体力学の数値シミュレーション  趣味に疑似科学批判、プレゼンテーション理論
著 書: 「2045年問題・・・コンピュータが人類を超える日」(廣済堂出版)、「間違いだらけの物理学」(学研教育出版)
     「物理小事典」(三省堂)

猪坂弘 主管

基礎科学研究所主管就任にあたって


"サロン・ド・科学の探索"に何度か参加して受けた知的刺激の快さに魅かれて,今年から「NPO法人 知的人材ネットワーク・あいんしゅたいん」に参加させてもらうことしました.すると,いろいろなきっかけがあって,基礎科学研究所のメンバーにも加わることになりました.
「あいんしゅたいん」には,機会ある毎にさまざまな人が集まってきます.そして,男女を問わず,シニアはもちろん,現役の先生や研究者,企業人,学生さんまで,分野を超えていつもワイワイがやがやと,知的好奇心をくすぐる議論が展開されていきます.
知的な刺激が快いと感じるのは,今まで自分が見たり聞いたり触ったり体験したことのなかったことを体験し,分からなかったことが分かるようになり,知らなかったことを知る時に覚える,"ああそういうことか"という「腑に落ちた」感,あるいはパズルが解けた時の様な満足感が得られるからだと思います.知的な刺激を受けるのは自分にとっての未知が既知に変わる時と言えるでしょう.言ってみれば,既知の領域が大きくなり,未知との境界が未知の側へ動いていく時です.
「境界が面白い」,「境界から新しいことが生じる」というのが,私の持論です.この観点からすれば,既知の境界が大きくなっていくことが,ワクワクするようなことであるのは当然です.神秘的で美しいとさえ思えるフラクタル図形やジュリア集合はほとんどすべてが境界で出来ていますし,人々が生活しているのは大まかに言って海岸線に近い所,つまり山と海の境界です.なによりも生命が誕生し進化したのは地球表面です.また,異分野,異業種の交流で新しいアイデアや,ビジネスが生まれてくるのは,みなさんよくご存じのことです.人と人との間にあるのがコミュニケーションですし,コミュニケーションを通じて物事が回っていきます.
基礎科学研究所の一員として参加させていただくにあたって,このような切り口でどんなことが出来るかを問い,出来ることをお手伝いさせてもらおうと考えています.シニアと現役,ある分野に明るい方と別の分野で活躍されている人,理系と文系,あるいは常識と非常識など様々な境目で,知的な刺激の発信ができる研究所になれば素晴らしいと思います.これから,どうぞよろしくお願いします

主管 猪坂弘


【経歴】

1951年生まれ(京都)
1970年3月: 京都府立山城高校卒業
1970年4月: 立命館大学理工学部入学
1972年4月: 京都大学理学部入学
1976年3月: 京都大学理学部(物理)卒業
1976年4月: (株)日本NCR入社
1978年4月: 京都大学大学院工学研究科入学
1980年3月: 同航空工学専攻修了
1980年4月: (株)島津製作所入社
2005年4月: 神戸大学大学院自然科学研究科入学
2007年3月: 同地球惑星システム科学後期課程修了,博士(理学)
2012年1月: (株)島津製作所定年,シニアとして再雇用
2015年1月: NPO法人「あいんしゅたいん」参加

現 在:(株)島津総合サービスに移籍したが,職場は同じで業務は変わらず空気機械の研究開発に従事している.
専 門:空気機械の研究開発,空力設計,数値流体力学

小山勝二 主管

基礎科学研究所主管就任にあたって


暴論を覚悟で言えば、多くの専門家は平気で嘘をいい(たぶん保身から)、あるいは無知無能の(多分視野がせまい)ようです。私はもう40年弱の永きにわたり、計5台の天文観測衛星(X線衛星)の制作、観測、データ解析に携わってきました。衛星実験では、うち上げ時の過酷な振動に耐えるため、地上実験では想像できないような(過度ともいえる)安全対策をとります。

地球周回軌道では1日15回ほど、昼と夜を迎えます。宇宙の真空環境ではこの昼夜で大きな温度差ができ、昼でも太陽に照らされる側面と影の側面では、数十度以上の温度差ができます。このような過酷な環境に耐える検出機器でなくてはなりません。さらには一度軌道に乗せたら、不具合が生じても修理することは通常不可能です。したがって、衛星準備、搭載機器の製作には細心の注意、あらよる事態を想定した対策を講じることが必須です。このようなスペースサイティストからみれば、福島の原発事故は想定外という専門家のレベルの低さにはあきれてしまいます。というより専門家そのものに不信感を抱いてしまいます。

もう20年ほど前だったでしょうか、カルフォルニアで大地震があり高速道路が横倒しになりました。この時「我々の技術は高いので、日本ではそのようなことはあり得ない」という日本の専門家の談話を新聞で目にしたことがあります。ところが数年後、阪神淡路大地震で目にしたのは無残にも横倒しになった高速道路でした。いったいくだんの専門家は何者だったのでしょう。 またも新聞記事の受け売りで恐縮ですが、「高速道路は一軸のみで振動強度設計した」。 多分直下型を考慮するから、垂直軸(Z軸)の加速度のみでしょうね。この新聞記事は嘘か、あるいはよくあることですが、不正確かもしれません。でもここでは記事は事実としましょう。高速道路ではZ軸振動には強いはずです。だから十分振動にたえる設計ができたのでしょう。別に日本の技術が米国より高いという高尚な話ではないのです。ところがZ軸振動がX-軸(道路に直角な横軸)にカップルしたらどうなるのでしょう。容易に横倒してしまいす。 私は何度も衛星の振動テストを経験していますが、Z-軸振動が其の加速度より大きなX, Y軸振動に変わることはよくあります。まさか高速道路を設計した工学者がそのような初歩を知らなかったとは思いにくいですが、専門家とは存外そんなものです。この高速道路事故の後でわたしは、読売新聞に「専門家が安全だといっているものは安全ではない。原子炉も専門家が絶対安全といっているから、危ない」という文章を書いたことがあります。もちろん専門家への批判と皮肉をこめた警句のつもりでしたが、それが10年後に福島で現実になってしまいした。

原子炉の安全神話はマスコミも含め、大半が信じ切っておりました。反論する人は思想的背景(例えば反体制思想)をもった「あぶれもの」という大衆の意識が醸成されていったように思います。これは戦前の帝国軍隊の不敗神話を同じですね(戦争反対は非国民)。この時もマスコミも含め不敗神話がばらまかれ大半の国民は騙されて、無残な敗戦への道を突き進んでいったのです。

戦前は「満蒙は日本の生命線、それを守れ」が戦争突入の理由でした。戦後の原子炉は「原子力は基盤電源」がうたい文句です。それら政策を遂行するための不敗神話や安全神話が、専門家を中心にして作られ、多くの国民が騙されていったのです。いま安倍政権のもとで戦前に回帰せんとしています。またもや騙されようとしています。少なくとも短期的にはかっての高度経済成長路線にもどろうとしています。でもいまや、古い経済成長至上、すなわち「満蒙は日本の生命線や原子力は基盤電源」的思想では日本の将来はないでしょう。日本はもっと知的資産へ産業の軸足を移すべきでしょう。専門家は根拠ない嘘で自己保身をはかるのではなく、真に知的資産を生みだす気概と使命感をもってほしいものです。一方我々は専門家の嘘をみぬき、科学的に判断できる知的素養を高める必要があるのではないでしょうか。基礎科学研究所がその手助けができればと思っています

主管 小山勝二


【経歴】

1945年生まれ(愛知県)
1968年: 京都大学大学院理学研究科物理第二専門課程博士課程修了
1968年: 日本学術振興会奨励研究員(東京大学原子核研究所)
1970年: 東京大学宇宙航空研究所 助手
1982年: 宇宙科学研究所 助教授
1983年: 名古屋大学理学部 助教授
1990年: 京都大学理学部 教授
2010年: 京都大学特任教授
2013年: 京都大学退職

現 在: 京都大学宇宙総合学研究ユニット、大阪大学特任研究員

受 賞: 1980年度:朝日賞(グループ受賞)
     1994年度:第11回井上学術賞
     2002年度:第48回仁科記念賞
     2004年度:紫綬褒章

著 書: 宇宙科学の最先端(共著 朝日出版社)
     現代の宇宙像(共著 培風館)
     Frontiers of X-Ray Astronomy(編集 with 田中靖郎 ユニバーサルアカデミープレス社)
     X線で探る宇宙(培風館)
     The Hot Universe(編集 with 北本俊二 伊藤真之 Kluwer Academic Publisher社)
     天文学への招待(共著 朝倉書店)
     星の誕生 天の川、マゼラン銀河、そして私達(共著 クバプロ社)
     見えないもので宇宙を観る(共著 with 舞原俊憲、中村卓史、柴田一成:京都大学学術出版会)
     天の川の真実(共著 with 奥田治之、祖父江義明 誠文堂新光社)
     量子の世界(共著 with 川合光、佐々木節、前野悦輝、太田耕司: 京都大学学術出版会)
     ブラックホールと高エネルギー現象(編集 with 嶺重慎 日本評論社)
     宇宙の観測III: 高エネルギー天文学(編集 with 井上一、高橋忠幸、水本好彦 日本評論社)
     京の宇宙学(共著wi th 松本紘、柴田一成、山川宏、篠原真毅 ナノオプトメヂィア)

竹本修三 主管

2011年3月11日、東北・関東の太平洋沿岸地域は、マグニチュード9.0という巨大地震に襲われ、未曽有の被害を受けました。被災された方々に謹んでお見舞いを申し上げます。いまだに避難生活を余儀なくさせられている多くの人々の困難な状況の報道に接し、胸を締め付けられる思いですが、一日も早い復興を心より願っております。科学や技術に携わるわれわれも、今回の現実をあらゆる角度から詳細に検証し、安全に暮らせる環境の再構築に向けて、手を携えて努力していかなければならないと考えます。

私は2006年3月に京都大学を定年退職し、その後しばらく引きこもり生活を続けておりましたが、2009年4月から財団法人国際高等研究所のフェロー・招へい研究員として2年間お世話になりました。そして、2011年4月からNPO法人あいんしゅたいん附置、基礎科学研究所の一員として世の中とのつながりを維持できることになりました。

そこで何ができるかと考えてみたのですが、最近平均寿命も延びてきて、定年退職を迎えた人達でもそれまで得た知識を社会に還元できる可能性が増えつつあると思い始めました。ちょうどそのときに東北関東大震災が起り、時々刻々変化する事態を総合的に判断するためには、さまざまな専門分野の知識を有機的に結びつけることが必要であると痛感致しました。

世の中でこういうことが知りたいという要求があったときに、定年退職者がそれぞれの現役時代に培った人脈を生かして、そのことならこういう人に聞くのが一番よいという的確な情報を提供することや、学位は取ったがそれを生かせる働き口がなかなか見つからないといった人達の存在を新たなニーズにつなげることによって、新しい学術の芽が育つことも期待できます。このようなコミュニケーション・人材ネットワークの橋渡しに、私も及ばずながら協力したいと考えております。今後ともどうかよろしくお願いいたします。

主管 竹本修三


【経歴】

1942年生まれ(埼玉県秩父市)
1961年3月: 埼玉県立熊谷高校卒業
1961年4月: 京都大学理学部入学
1965年3月: 京都大学理学部地球物理学科卒業
1965年4月: 京都大学防災研究所・助手
1983年11月: 京都大学理学博士
1989年10月: 京都大学理学部地球物理学科・助教授
1996年1月: 京都大学大学院理学研究科地球惑星科学専攻・教授
2006年3月: 定年退職
2006年4月: 京都大学名誉教授
2009年4月: 国際高等研究所・フェロー
2010年4月: 国際高等研究所・招へい研究員
2011年4月: 基礎科学研究所(NPO法人 あいんしゅたいん附置)研究主管

専 門: 固体地球物理学・測地学
著 書: レーザホログラフィと地震予知, 共立出版(株), (1987)
     Laser Holography in Geophysics:Ellis Horwood Series in Applied Geology,(編・著), Ellis Horwood Ltd. UK, (1989)
     地球が丸いってほんとうですか?(編・著),朝日選書752,朝日新聞社,(2004)
     京都大学講義「偏見・差別・人権」を問い直す(編・著)(京都大学学術出版会, (2007)
     など

URL: http://www10.plala.or.jp/GEOD/take/

   
© NPO法人 知的人材ネットワーク・あいんしゅたいん (JEin). All Rights Reserved