2017年09月21日

2015年 親子理科実験教室(クリスマス直前企画)のご案内(終了)

クリックすると拡大画像でご覧いただけます

お待たせしました!今年度最後の親子理科実験教室の受講生募集を開始します。

昨年に引き続きクリスマス企画を担当いただくのは、食べ物を使った楽しい実験でお馴染みの 工藤博幸先生
今回も、子ども達に大人気のお菓子を使って、その秘密を科学の目を通して明らかにしてくださいます。

小学生の皆さんなら”ねるねるねるね”という駄菓子をご存知ですね。子ども達にはとても人気のある”ねるねるねるね”ですが、なぜふっくらとモコモコふくらむのでしょうか?そこには「シュワシュワする原理」などをはじめとした、ラムネの科学がいろいろと利用されています。
まずはスーパーの駄菓子のコーナーにあるラムネ菓子に隠された科学を実験を通して探りましょう。そして、その科学を利用して最後には自分自身で”ねるねるねるね”以上にもっともっと大きくふくらむお菓子を作ってみましょう!!

”クリスマス直前”というのは少し早い時期での開催となりましたが、子どもたちだけでなく、大人も一度は見たり、食べたりしたことがある駄菓子ををテーマにした実験教室は、忘れられない楽しい思い出となるに違いありません。

皆さまのご参加をお待ちしております!!


場  所:京都大学理学部セミナーハウス
      
    【セミナーハウス地図(クリックすると地図が拡大します)】 

     アクセスマップは こちら

実験テーマ:シュワシュワを理解してモコモコを作ろう!

開 催 日: 12月6日(日) 

時  間:10時00分~12時00分

対  象:小学1年生~小学6年生(保護者同伴)

募集人数:定員42名(定員に達し次第、締め切ります)
     ※ 受講申込者が15名に満たない場合は開催を見合わせます。ご了承ください。

実験講師:工藤博幸先生(奈良学園中学校・高等学校教諭)

受 講 料:一 般:4,000円
     会 員 会員受講料:3,500円
         兄弟割引:ご兄弟で受講申込いただいた会員様には、お2人目から以下の割引受講料が適用されます
               兄弟1人追加(計2名):3,250円  2人目以降:3,000円

  会員受講者1名 兄弟1名同時申込(計2名) 兄弟2名同時申込(計3名)
受 講 料 3,500円 計:6,750円
(3,500円+2人目:3,250円)
計:9,750円
(3,500円+2人目:3,250円+3人目:3,000円)
 
注) 会員受講料をはじめとする会員優待権は、出資1口につき、お1人様が対象となります。ご兄弟等で受講申込される場合は、人数分口数(ご兄弟名義で各1口ずつ、ないしは保護者名義で人数分(お2人なら2口))での入会をお願いいたします。

● 材料費・教材費・保険加入費込(使った実験道具は持ち帰っていただきます)
● 受講料の支払方法については、お申込み後、当法人より送付させていただくご案内メールにてお知らせいたします

申  込:受講申込が定員に達したため、申込受付は終了しました

法人の会員にご入会いただくと、受講料割引を始めとする会員特典を受けることができます。詳しくは、会員特典案内のページをご覧ください。
法人会員のご入会は、会員入会申込フォームのページから、必要事項をご記入の上、お申込み下さい。

ご 注 意:以下の点ご了承の上、お申し込みください

実験教室の様子は撮影いたします。
撮影した映像の一部は電子教材として使用し、インターネット等の媒体を通じて公開させていただく場合があります。
公開に際しては、可能な限り肖像権に配慮した編集を行いますが、実験教室という性格上、映り込みが生じる点はご了承ください。

実験教室当日、受講生のご都合より欠席された場合、後日、授業内容を撮影したDVD、当日使用したレジュメ、及び実験道具・実験材料を送付し、ご自宅でDVDをご覧になりながらお子様と実験していただけるようにいたしますので、払込済受講料の返還はいたしません。

問合わせ: E-mail:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 TEL:075-762-1522(10時~16時)

アクセス:京都大学理学部セミナーハウス 理学部4号館 西側(市バス 京大農学部前 正門 北へ徒歩3分)
     ※ 大学構内には駐車スペースがございませんので、公共交通機関のご利用をお願いいたします

     こちら(京都大学(理学部)ホームページ)にも地図及びアクセスが掲載されています

共  催:NPO法人 知的人材ネットワーク・あいんしゅたいん
     京都大学理学部

備  考:京都大学理学部ホームページ・京都大学全学ホームページにも情報を掲載予定