研究所紹介  

   

活動  

   

情報発信  

   

あいんしゅたいんページ  

   

続・松田卓也連続講座

テーマ:物理学者からみた脳・腸・健康の本

最近マイクロバイオームという言葉が、健康、食事、栄養などの分野で大きな話題になっています。マイクロバイオームとは人間と共生する微生物のことですが、中でも特に腸内細菌が重要で、人間の健康に対して大きな影響を及ぼすことが分かってきました。様々な慢性疾患、例えば肥満、糖尿病、炎症性腸疾患、脳卒中、心臓病、喘息、アレルギー、慢性痛、老化などの多くの病気は腸がひとつの原因です。さらにうつ病、自閉症、パーキンソン病、アルツハイマー病などの脳の病気も腸に原因があるらしいことがわかってきました。健康な人間であっても、気分ややる気、つまり人間の幸福感は腸が多くを決めていることも分かってきました。

私はそのことに興味を持ち関連する10冊以上の英語の本を読み勉強しました。そして上記の病気の予防、治療には腸の調子を整えることが最重要であることを知りました。本講座では、それらの本の内容を簡単に解説し、どうすれば健康な生活が送れるかに関して、特に食事と栄養の面から話します。アルツハイマー病やパーキンソン病は数十年かけてゆっくりと進行するもので、年を取り病気になってからでは手遅れで、若いときからすでに手を打つ必要があります。そのためにはどのような生活を送ればよいかについての指針を話したいと考えています。各回、一冊の本を取り上げます。

 

トーク:松田卓也(基礎科学研究所副所長・NPO法人あいんしゅたいん副理事長)

日 程:2月15日~11月予定(全10回)

回 数 日 程 各回テーマ
第1回 2月15日(土)  脳腸相関:体内の密かな会話が我々の気分、直感的選択、健康にどのように影響するか?
                                エメラン・マイヤー
第2回 3月28日(土)  脳の健康つくり:腸内細菌の力が脳を癒やし、保護する デービッド・パールムター
第3回 未定  神経新生と食事、ライフスタイル:脳と健康を改善しよう ブラント・コートライト
第4回 未定  腸反応:健康な体が体重、気分、幸福を改善する
             ジャスティン・ソンネンバーク、エリカ・ソンネンバーク
第5回 未定   アルツハイマーの終焉:認知症を防ぎ、治す初めての試み デール・ブレデセン
第6回 未定   食事にまつわる神話:我々の食事の本当の科学 ティム・スペクター
第7回 未定   長生き食:老化を遅らせ、病気と戦い、体重を最適化するためのステム細胞と再生の新しい科学
                                    ヴァルター・ロンゴ
第8回  未定   病気に打ち勝つために食べる:体が自然に良くなる機構の科学 ウイリアム・リー
第9回  未定   全回復:慢性痛と鬱の謎を解く ギャリー・カプラン、ドナ・ビーチ
第10回 未定   微生物負荷:老化と老化に関連した病気の主原因と老化防止法 マイケル・ルストガルテン

※ 開催は月1回を予定しています。日程については、講師の都合等で変更になる場合があります。

時 間:13時30分(13時15分入室開始)~16時

スケジュール
13:30 ~ 15:00 講 演
15:00 ~ 15:10 休 憩
15:10 ~ 15:40 質疑応答
15:40 ~ 16:00 交 流

会 場:ルイ・パストゥール医学研究センター 4階会議室(〒606-8225 京都府京都市左京区田中門前町103-5)

印刷

アクセスはこちらをご覧ください

定 員:50名

参加料:500円(飲物・お菓子代込) ※ 参加料は当日会場にてお支払いただきます

申 込:参加申込フォームよりお申込みください

共 催:(公財)ルイ・パストゥール医学研究センター
     ※ ルイ・パストゥール医学研究センターのホームページにも案内を掲載予定

備 考: 参加申込いただいた場合は、当日欠席されないようご協力ください。やむを得ず欠席される場合は、事前にメールないしは電話にて欠席連絡をお願いします(無断欠席された方には、次回以降のご参加をお断りする場合がございます)。
  当日は、コーヒーなどの飲み物と、ちょっとしたお菓子をお出しする予定です。セルフサービスとなっておりますので、片付けなどのご協力をお願いします。

 講演概要
 
第1回 脳腸相関:体内の密かな会話が我々の気分、直感的選択、健康にどのように影響するか? エメラン・マイヤー
The Mind-Gut Connection: How the Hidden Conversation Within Our Bodies Impacts Our Mood, Gut Choices, and Our Overall Health, by Emeran Mayer

腸にはたくさんの神経細胞があり消化活動を司っている。その意味で腸は第二の脳と言われている。脳は交感神経系を通じて腸を支配している。ストレスを感じると食欲が落ちるのはこのせいだ。しかし逆に腸は脳を支配している。人の気分とか直感的意思決定に腸は大きな影響を及ぼしている。このように脳と腸は密接に関わり合っている。この関係を脳腸相関とよぶ。腸には、人体の細胞数と同程度の数の腸内細菌がいる。腸の活動はこの腸内細菌で大きく規定されている。その意味で脳腸相関は脳腸・マイクロバイオーム相関ともいう。腸を良くすることは脳を良くすることであり、健康を促進することである。そのためには植物中心食にすること、発酵食品を食べ、糖分と加工食品を制限すること、動物性脂肪を避けるなど食事を改善する必要がある。伝統的な日本食は実はかなり理想的な食事なのであるが食事の欧風化が慢性病をもたらしている。食事を改善するだけで、肥満、さまざまな慢性疾患、認知症などを予防することができるだけでなく、気分が明るくなり幸福になる。
第2回 脳の健康つくり:腸内細菌の力が脳を癒やし、保護する デービッド・パールムター
Brain Maker: The Power of Gut Microbes to Heal and Protect Your Brain-for Life, by David Perlmutter

近年、子供の自閉症や老人の認知症が急速に増えている。最近の研究の進展で、これらの病気は人間の腸に住む腸内細菌が大きな影響を及ぼしていることが明らかになって来た。腸内細菌は神経系を含む人間の健康に大きな影響を及ぼしている。本書では自閉症の子供を浣腸と糞便移植で治した劇的な例から話が始まる。子供の腸内細菌は正常分娩か帝王切開か、母乳か人工栄養かで決まり、大人の腸内細菌は食べるもので決まる。腸内細菌のバランスが崩れると肥満や慢性疾患、さまざまな脳疾患に罹患しやすくなる。腸を整えることが健康と脳にとって決定的に重要である。ここでは具体的な食事法についても述べる。
第3回 神経新生と食事、ライフスタイル: 脳と健康を改善しよう ブラント・コートライト
 
 
第4回 腸反応:健康な体が体重、気分、幸福を改善する ジャスティン・ソンネンバーク、エリカ・ソンネンバーク
 
 
第5回 アルツハイマーの終焉:認知症を防ぎ、治す初めての試み デール・ブレデセン
 
 
第6回 食事にまつわる神話:我々の食事の本当の科学 ティム・スペクター
 
 
第7回 長生き食:老化を遅らせ、病気と戦い、体重を最適化するためのステム細胞と再生の新しい科学 ヴァルター・ロンゴ
 
 
第8回 病気に打ち勝つために食べる:体が自然に良くなる機構の科学 ウイリアム・リー
 
 
第9回 全回復:慢性痛と鬱の謎を解く ギャリー・カプラン、ドナ・ビーチ
 
 
第10回 微生物負荷:老化と老化に関連した病気の主原因と老化防止法 マイケル・ルストガルテン
 
 
   
© NPO法人 知的人材ネットワーク・あいんしゅたいん (JEin). All Rights Reserved