サロン・ド・科学の探索 2017年第5回(通算31回) - NPO法人 知的人材ネットワーク・あいんしゅたいん

研究所紹介  

   

活動  

   

情報発信  

   

あいんしゅたいんページ  

   

サロン・ド・科学の探索 2017年第5回(通算31回)

日 時:2017年5月28日(日) 14:00~17:00

場 所:NPO法人あいんしゅたいん事務所(京都市左京区吉田本町 5-14)

  印刷

テーマ:放射線の影響LNTの歴史 ・・科学のサイドから

  長期にわたる低線量率の放射線の生体影響については、これまでLNTという仮説が使われてきました。
これがどのくらい科学的に決まってきたか、どういうデータを説明し、どういうデータを説明できないかなど、様々に議論されています。LNTというのは、「受けた被ばく量に比例してリスクが増える」ということと「閾値がない、つまりいくら被ばく線量が小さくてもそれに応じて必ずリスクがある」という2つのことを言っているのですが、果たしてここでいうリスクとは何か、何で確かめられたかという話を歴史的に見てみたいと思います。
科学者が何かを明らかにするということはどういうことか、それをしっかり見ておかないと、いつも「この科学者は誰かにお金をもらったからこんな結論を出した」とか「この科学者は原発推進派だから安全といった」とかいったゆがんだ見方をしてしまいます。動物実験から始まったLNTという「仮説」がどういう科学の背景を持っているかをしっかり見ておきたいと思います。政治やイデオロギーや思いが先走って、ゆがんだものの見方をしていると科学者に対しての、果ては科学に対しての、不信感だけが残り、真実を見抜けられなくなります。これは、大変不幸なことですので、一度じっくり科学サイドから考えてみたいと思います。
なお、この日は、以下の飛び入りを10分予定しています。
サロンの参加者の1人であるとNPO法人副理事長の松田氏が、今もなお頑張って研究され、まとまったものを「医学の歴史」として学会で発表されます。はじめてのことというわけで、「一度聞いてほしい」ということです。10分の発表とのことで、この日は皆さんが意見を出し合ってみていただければ幸いです。

トーク:坂東昌子〔NPO法人あいんしゅたいん理事長) 

定 員:12名程度

申 込:「サロン・ド・科学の探索」総合ページをご覧の上、参加申込フォームよりお申込みください
    ● 申込方法が分からない場合は、直接下記連絡先へお電話ください
      TEL: 075-762-1522(平日10時~17時)
    ● サロン参加経験者の方は、下記を明記の上、直接メールいただいても結構です。
       ● 氏名
       ● 希望参加回
     メール送付先:secretariat[at]jein.jp ※ [at]を@に変更してください

備 考:クッキーとお茶代として500円をいただきます。ご協力お願いします。

   
© NPO法人 知的人材ネットワーク・あいんしゅたいん (JEin). All Rights Reserved