研究所紹介  

   

活動  

   

情報発信  

   

あいんしゅたいんページ  

   

バネッサ・アモロシ、オリビア・ニュートン・ジョン

詳細

2000年のシドニーオリンピックのときに美人女性歌手オリビア・ニュートン・ジョンとオーストラリアの人気男性歌手ジョン・ファーナムが歌うDare to Dreamという曲が好きだ。ファーナムは知らなかったが、調べると結構人気歌手のようだ。高音の声がすばらしい。ファーナムはオリビア・ニュートン・ジョンほどの世界的知名度はないから、世界に放映されるので結構高揚しているようだ。1949年の英国生まれというから、結構な歳だ。 ところでそれを聞いていると、別の歌手が開会式で歌っているのを見つけた。バネッサ・アモロッシ(Vanessa Amorosi)という美人の女性歌手である。知らない。聞いてみると、なんとすごい声なのだろうか。恐るべき声域である。とくに最後の部分は感動で鳥肌ものだ。調べてみると、オーストラリアの人気シンガー・ソングライターだそうで。ポップ、ブルース、ジャズ、ロック、ゴスペルと何でも歌うという。まあ聞いてみてください。

(オリンピックの曲はオリンピック委員会のせいでここに挿入ができないので、クリックしてYouTubeで聞いてください。)

Heros live forever by Vanessa Amorosi

高音はセリーヌ・ディオンに匹敵すると思う。これだけの歌手がなぜオーストラリアにとどまっているのか? なぜニュージーランド出身のヘイリー・ウエスタンラほどの名声を獲得しないのか?  ただ彼女の音域は十分に認識されているようだ。いろんな高さの音で歌うバネッサの曲を集めたビデオがある。

Vanessa Amorosi's Live Vocal Range/Best High Notes (C3-F6)

ところで面白いビデオを見つけた。マライア・キャリーとバネッサ・アモロッシのライブ・ヴォーカル・バトルというのだ。それぞれの高さの音を比較している。下のコメントを見るとバネッサのほうが上という判定が多い。

Mariah Carey & Vanessa Amorosi: Live Vocal Battle

 

ところで本来のオリビア・ニュートン・ジョンとジョン・ファーナムの曲を聴いてください。

Dare to Dream by John Farnham and Olivia Newton John

 

ところでシドニーオリンピックは2000年のことだ。彼らの現在はどうだろうか。なんと15年後の2015年に二人が同じ歌を歌っている。お二人とも歳は隠せないが、声は衰えていないのがすばらしい。

Olivia Newton-John and John Farnham Dare to Dream Live

 

それでは各人の人気曲を聴いていこう。ジョン・ファーナムがARIA賞を受賞したときのYou are the voice。すごい人気のようだ。

 

ジョン・ファーナムのYou are the voice

 

 バネッサ・アモロッシのAFI賞の時に歌ったThis is Who I Am

 

若かりしころのオリビア・ニュートン・ジョンとジョン・トラボルタをどうぞ。

WE GO TOGETHER (John Travolta & Olivia Newton John) ~ Grease

 

 

   
© NPO法人 知的人材ネットワーク・あいんしゅたいん (JEin). All Rights Reserved