研究所紹介  

   

活動  

   

情報発信  

   

あいんしゅたいんページ  

   

越冬つばめ

詳細

今回も演歌である。森昌子の「越冬つばめ」である。「ヒュルリー ヒュルリララー」である。これは森昌子の代表作であり、何度も歌っている。

それでは歌詞の解釈をしよう。ちなみに作曲者の篠原義彦とは、歌手でタレントである円広志のことである。

娘盛りを 無駄にするなと 時雨の宿で 背を向ける人
報われないと 知りつつ抱かれ 飛び立つ鳥を 見送る私
季節背いた 冬のつばめよ 吹雪に打たれりゃ 寒かろに
ヒュルリ ヒュルリララ
ついておいでと 啼いてます
ヒュルリ ヒュルリララ
聞き分けのない女です

主人公は若い女である。どういう事情か、結婚できない相手を愛してしまった。相手は旅人かもしれないし、単身赴任者かもしれない。いずれにしても相手は既婚者であろう。相手は女を一度は受け入れながら、今は女のことを考えて、別れるのがよいと言っている。女は悲しい冬のつばめに自分の身を例えている。「ついておいでと 啼いてます」というのは、女の心の中の葛藤をつばめの言葉に託したものである。やはり、どんなことがあっても、この人について行こう。2番の歌詞では、ここは「忘れてしまえと 啼いてます」とある。やはりこの人を忘れて、別れた方がよいのかしらと悩む。そして最後には再び「ついておいでと 啼いてます・・・ききわけのない女です」とある。結局は、この辛い恋を続けることを選択したのだ。

まずは森昌子の絶頂期の彼女はなんと美しい。声も良い。

その森昌子は1986年に、森進一との結婚を契機に芸能界を引退した。引退直前の舞台である。その涙は、歌の悲しさか、引退の悲しさか。

一度は引退した森昌子であるが、2005年に離婚後に本格的にカムバックした。2008年の第1回プレゼンテーションである。さすがに往事の声の張りはない。しかし50歳近い女性であるが、その女としての魅力は瞠目すべきものがある。彼女は2009年には子宮筋腫、子宮頸がんを患い、2010年に子宮全摘手術をしている。

ここでも作曲者である円広志自身の歌をどうぞ。彼は最近は関西のテレビでコメディアンのようなキャラを演じているが、本来は歌手であり、まじめな作曲家であったのだ。森昌子が初めて歌うときに円が付き添ったのだが、円のほうがあがってしまい、ガチガチに緊張して、森昌子に逆に励まされたという。ところで女形の梅澤富美男がこんなに妖艶だったとは知らなかった。

つぎは私の好きな中森明菜のカバー曲をどうぞ。ただし、このビデオでは顔が出ないのが残念である。森昌子ほどの高音が出ないので、それを情感でカバーしている。

坂本冬美の越冬つばめ。私は坂本冬美も好きである。以前テレビで髪を下ろした素顔の坂本冬美を見たが、全く普通の女性で、あの和服とアップの髪の坂本冬美とは、全く別人であった。女性はメークでどうにもでもなるのだなあと思った。

   
© NPO法人 知的人材ネットワーク・あいんしゅたいん (JEin). All Rights Reserved