2017年05月28日

JEINET活動報告

2014年度親子理科実験教室 アシスタント・ティーチャーたちの奮闘報告

去る8月15日・16日に2日連続で開催された2014年 親子理科実験教室(夏休み集中コース第2弾)は、京都大学を中心とする学生有志が講師となって実施する特別企画でした。この奮闘ぶりをみなさまに知っていただき、学生たちの明日の力になる教訓を得たいと、取り組んだ学生たちがレポートを書きました。
この発表会を兼ねて、京都大学理学部や日本物理学会と共に、来たる12月21日(日)、科学としての科学教育 実践編 2014「若者主体の実験教室‐夏を彩る光と涼」を開催します。

以下のレポートを掲載しておりますので、ご覧の上、色々とアドバイスをお願いします。


● 学生レポート ~親子理科実験AT(アシスタント・ティーチャー)たちの奮闘報告~

 親子理科実験教室1日目「 涼しさに関する講義」における工夫 岡田 悠平
 2014年度 親子理科実験教室(夏休み集中コース第2弾) 1日目 冷感 高本 幸希
 親⼦理科実験教室 夏休み集中コース第二弾 2日目(2014/08/17)実施 参加レポート
       雷と静電気に関する実験まとめと運営に関する反省点
平山 実季
 親子理科実験教室 夏休み集中コース第二弾 2日目(2014/08/17)実施 参加レポート
        CD型分光器と段ボール分光器を使った実験教室
新宅 直人
 親子理科実験教室 夏休み集中コース第二弾 二日目(2014/08/17)実施レポート
         太陽光のしくみとペットボトル夕焼けの作製
間浦 幹浩
 NPO 法人あいんしゅたいん 親子理科実験教室 夏休み集中コース第2弾にまつわるレポート 石川 裕之
 親子理科実験教室レポート 西嶋 稜平
 NPO法人あいんしゅたいん 親子理科実験教室 夏休み集中コース第二弾 参加レポート 福田 有里

※ PDFアイコンをクリックすると、レポートを読むことができます


● NPO法人あいんしゅたいん理事長報告

 2014年 親子理科実験教室若手企画を振り返る 坂東 昌子

 ※ PDFアイコンをクリックすると、レポートを読むことができます