2017年07月22日

科学カフェ京都 5月例会

この度、日本学術会議の「エネルギー政策の選択肢分科会」、および、いわゆる民間事故調 「福島原発事故独立検証委員会」の両委員会の委員長を務められた北澤先生が京都においでになるので、急きょ、以下のようなお話の場が用意されました。
原発事故の近因、中因、遠因を考察することは、今とても重要です。参加者と講演者の間で、いろいろな意見を交換して、しっかり未来を考えていきたいものです。
科学カフェは、討論の時間がたっぷりあるのが特徴です。どうかご参加の上、お互いに今回の事故から多くの教訓をくみ取り、理解を深める機会にしてください。


日 時:2012年5月12日(土) 2時~5時

話 題:「福島事故を経た日本のエネルギー選択肢」

講 師:北澤 宏一先生(福島原発事故独立検証委員会委員長、前科学技術振興機構理事長)

1966年東京大学理学部卒、同大学院修士課程修了、米マサチューセッツ工科大学博士課程修了。東京大学工学部教授、科学技術振興機構理事などを経て2007年10月から科学技術振興機構理事長。専門分野は物理化学、固体物理、超伝導材料

会 場:京都大学理学研究科セミナーハウス
    アクセスマップはこちら

詳しくはこちらをご覧ください