2017年09月19日

2011年第5回(通算第16回)科学交流セミナー

タイトル:「原子力事故以後の科学の行方」

日 時:2011年12月10日(土) 14:00~17:00

場 所:京都大学 基礎物理学研究所 湯川記念館 Panasonic国際交流ホール
    アクセスマップはこちら

講演者:佐藤文隆(京都大学名誉教授・NPOあいんしゅたいん名誉会長)

要 旨:

3.11前後の発行になった著作「職業としての科学」(岩波新書)と「量子力学は世界を記述できるか」(青土社)の問題意識を「3.11」以後の事態の中で考察したい

対 象:どなたでもご参加できます(無料)

主 催:NPO法人 知的人材ネットワーク・あいんしゅたいん NPO科学カフェ京都

備 考:

この科学講演会は、基礎物理学研究所とNPO法人知的人材ネットワーク「あいんしゅたいん」の世話人(佐藤文隆・坂東昌子・国友浩)が企画してきた科学交流セミナーの延長として企画されたものです。
今回は科学交流のネットワークの輪を広げ、より広い層の方々(市民・大学生・高校生など)も対象として、科学カフェ京都と共催で企画することとなりました。どうかよろしくお願いします。

基礎物理学研究所ホームページにも案内が出る予定です(掲載次第お知らせします)。