2017年12月11日

22世紀の予言ーアイデアコンクール

全国の小学生を対象とした作文・絵のコンクール。「科学の未来はこうだったらいいなあ!」というアイデアを募集します。最優秀賞・優秀賞の親子3組をANAが空の旅にご招待。受賞作品は日大芸術学部の学生がアニメーション化します。


応募資格:全国の小学生(国籍は問いません)
応募部門:1.「健康と医療の未来」部門
     2.「宇宙開発の未来」部門
     3.「自然・環境・エネルギーの未来」
     4.「ロボットの未来」部門

第一次審査・応募方法:
  ● 4つの部門から1つ選び、あなたのアイデアを作文または1枚の絵で表現してください。
  ● 作文は、市販の原稿用紙400字以内に縦書き・ワープロ不可・日本語のみ。
  ● 絵はB3サイズの画用紙。表現は自由。原稿用紙に絵の説明を100字以内で書いて同封してください。
   作品が折れ曲がらないように補強してお送りください。
  ● 作文・絵ともに、原稿用紙または応募用紙に、氏名(ふりがな)・郵便番号・住所・電話番号・学校名・
   学年・性別・応募部門・作品の題名を明記してください。

応募締切:平成22年6月30日(水)必着

賞:◎ 最優秀賞1名:親子でANA空の旅/宿泊券/図書券1万円
  ◎ 優秀賞 2名:親子でANA空の旅/宿泊券/図書券5千円
  ◎ 入選  5名:図書券5千円
   ※ 入賞者全員に「日藝未来博士号」を授与します。

第一次審査:
  平成22年8月2日(月)入賞者8名を発表(各部門2名)。
  ホームページ上で発表する他、入賞者へ個別に通知を行います。
  入賞者には、下記の審査会へ参加するための往復交通費が支給されます。
  ※ 最終審査会に出席できない場合、最優秀賞・優秀賞の対象となりません。

最終審査会・表彰式:
  平成22年8月28日(土)日本大学芸術学部江古田校舎にて入賞者による口頭プレゼンテーション(2分以内)を審査します。
  審査員と参加者へ、自分のアイデアを思いっきりアピールしてください。最優秀賞・優秀賞を決定し、同日表彰式を行います。
  ※後日毎日新聞上、毎日小学生新聞上、ホームページ上にて発表。入賞作品を掲載します。

入賞作品のアニメーション化:
  平成22年11月21日(日)に行われる「サイエンスアゴラ」にて、コンクールの模様を紹介、入賞作品のアイデアを作文と絵をもとに
  日本大学芸術学部の学生がアニメーション化したものを発表して、来場者やメディアにアピールする予定です。
  ※ 入賞者全員に入賞作品集(アニメーションDVD付)をプレゼント!

お問い合わせ:
  日本大学芸術学部 研究事務課
  電話 03-5995-8208  FAX 03-5995-8209
  メールアドレス このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

詳細はこちらをご覧ください(応募要項のダウンロードができます)