2017年11月25日

森田優奈さん、佳作おめでとう!(ブログ その114)

親子理科実験教室を受講生のお一人、森田優奈ちゃん(京都教育大学付属小学校6年生)が、「京都サイエンスコンテスト」に入選されました。
このコンテスト(主催:京都市教育委員会)は、「 自然科学やその研究の楽しさ・すばらしさを感じとると共に,探究心あふれる児童・生徒の育成を目指す」ということで、10月26日(日)に表彰式が京都市青少年科学センターで行われました。

優奈ちゃんの作品は、「放射線について」です。このきっかけは、昨年(2013年)11月の親子理科実験教室 特別企画第3弾(テーマ:私たちの身の周りにも放射線があるの? ~ YY式ガイガーカウンターを作って自然放射線を測ってみよう!~)でガイガーカウンターの作り方を学んだことがきっかけでした。優奈ちゃんは、そのあと自らもう一度作り直し改良したガイガーカウンターを持って、いろいろな場所で放射線の測定を行った結果を報告されたのです。そして、特に山の高いところでは、どんどん自然放射線量率が増えていくことを確かめています。

親子理科実験教室の経験をさらに発展させたその素晴らしい向上心と、好奇心に拍手を送ります。これからも、さらにその科学の心を大きくはばたかせてください。
森田さんから、ホームページで公開してもいいという許可をいただいたので、皆さんと共に拍手を送りたいと思います。

森田優奈さん自由研究

また、森田優奈さんは、10月26日に実施した親子理科実験教室 秋の特別企画(テーマ:京大生を知り尽くそう! 何でも質問会!)に参加して、積極的に質問し、ATのお兄さんやお姉さんと仲良しになったようです。
嬉しいですね。そのときのアンケートの回答も素晴らしいものでした。

森田優奈さんアンケート